まろやん blog

最新サービスについて書いたり、職場あるあるな悩みについて書いてます。

《4》【ネット小説】人によっては読書じゃないと言うだろうけど【ライトノベル】

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

f:id:mayoibito_0315:20190305045713j:plain

「ブログもほぼオワコン、時代は動画」と言った内容の記事を見かける様になり、

ふと疑問に思った事があるのです。

 

動画媒体が増え、本の様に文字が沢山使われているものを見慣れなくなると

将来、本を読む人はどうなっていくのか?と…

 

私は電子書籍派なので、最近だとiPadibooksといったアプリを使って購入して読んでいます。どうしてもアプリ内で取り扱って無いものに関しては本で買むことにしています。どうしても読みたいですからね。

YouTuberが有名になってきた事で、YouTubeでいろんな動画を見る事も増えてきました。しかし、コンテンツ的にはまだ面白いと思える様な作品やジャンルがそんなに多く無く、圧倒的に本に魅力を感じる事が多い今日この頃…

 

 

と言う事で、今回は私が本を読む様になったキッカケを書いていこうかなと思います。

 

 

 ラノベとの出会い

見出しにもある様にライトノベルです。

 「ラノベかよ!」と言うツッコミが聞こえて来る気がします…

 

ええ、最初私が本を読む様になったきっかけはライトノベルでした

 

当時、中学生になったばかりの頃、ようやく自分の意思でいろんな所に遊びに行ける様になった事がその転機となりました。

 

ブラブラいろんなところを自転車で走り回ってた時、

何となく書店を訪れ、新作の漫画は無いか物色していました。

漫画のコーナーとは別に「ライトノベル」というジャンルのコーナーを見つけ、普段いかないところと言う事もあり好奇心からどんなものなのか探索しはじめました。

 

何となく手に取った本は、漫画みたいな表紙ではあるものの中身を見たら文字ばかり…

 

「何だこれ?漫画じゃ無いのか」

 

その時の気持ちはまさにこれでした。

とは思ったものの、イラスト、タイトルからどんな話なのか気になったので買うことを決め、

「漫画より高いのか…」

と戦慄しながらも少ない小遣いから購入しました。

買ったものは、その時売っていた中で今では知らない人がいないだろうメジャーなもの「涼宮ハルヒの憂鬱」や「灼眼のシャナ」などでした。

当時は発売したばかりだったので、新作コーナーにあったことからも手に取りやすかったのだと思います。

 

■最初は文字の多さに圧倒された

購入後、家に帰って読み進めると普段文字ばかりの本を読まないせいかすぐに眠気が襲って来ました。

眠くなったり飽きたら読むのを止める、これを何度も繰り返すと

不思議と読むスピードも上がり、眠気が来ることもなく、最後まで読む事ができる様になりました。

 

読む回数が増えると頭の中で情景をイメージして読む様になり、

文字の多さに馴れた頃には次の話が気になる余りに小遣いの大半がラノベ代に消えて行きました。

 

今現在は電子書籍で読んでいるのですが、本で買ってた時のピークでは中学、高校を含め合計500冊以上はあったと思います。

まあ色々あって処分することになり、殆ど売ってしまったのはいい思い出です。

 

 

■想像することの楽しさを知る

ライトノベルをきっかけに本を読む様になり、文字媒体の作品に関しては

ほぼストーリーがあるものに関してはイメージできる様になり、想像力の幅が広がりました。

 

特に役立ったのは、アイデアを考える時など「こうやったら面白そう」「こんな展開だったら盛り上がりそう」といった展開を思いつく様になりました。

 

それが周囲にウケるかどうかは別として…ですが

 

「培った想像力で本を書こう」とまでは思わなかったのでこうしてブログのネタとさせていただきました。

 

色々端折った様な気がしますが、私が本を読む様になったのはこういった事があったからです。

 

「好きな作家が書いた本」、「表紙のイラストが気になって買った本」、「内容が気になって買った本」

 

自分で「これいいな」と感じたものの殆どは楽しんで読んでいたので、

今でもそういった本を読む習慣は続いてます。

 

 

ラノベと聞くと…

「なんだよ、ラノベかよ気持ち悪いなっ」

 

私は友人たち以外からはあまり言われたことは無いですが、このブログを読んでる方、またはその周囲で読んでる方は言われた事があると思います。

 

ラノベはイラストや偏ったジャンルのメディアが抜粋したものによって偏見が多く

「読んでる人=気持ち悪い」と言われがちですが、言う人には言わせておけばいいのです。それはそういった言葉を真に受け、ちゃんと考えていったものでは無いのですから。

 


多少脱線しましたが、今回はここまでにしたいと思います。

この記事を読んで、少しでも「読んでみようかな」と思ってくれたら幸いです。

あと、個人的にオススメしたいサイトがあって本以外でネット小説も面白いので気になった方はこちらから読んでみてはいかがでしょうか?

自分で書くことも出来るし読むことも出来るサイトです

                 

 

     小説家になろうhttps://syosetu.com/

 それではまた。