まろやん blog

最新サービスについて書いたり、職場あるあるな悩みについて書いてます。

【オシャレサングラス】〜オススメする2つの性能〜

 

サングラスってオシャレ目的以外にも用途があるの知ってますか?

 

人によって有る無しはあると思いますが、

 

今のサングラスはかけるだけで「オシャレ!」

 

というだけでなく、

 

色々なオプションをつけることで

 

様々な用途で使い分ける事が出来るのです。

 

知らない方は色がついてる「メガネ」程度の認識だと思います。

 

着けている人を見ても「ちゃんと見えているのかな?」

 

こう思った方も少なからずいるでしょう。

 

私も初めはそんな風にしか思っていませんでした。

 

それでは、今回はその「サングラス」について書いていきたいと思います。

 

f:id:mayoibito_0315:20190309000606j:plain

 

そもそもサングラスって着ける意味あるの?

 

皆さんは紫外線についてご存知でしょうか?

 

紫外線も使い方次第では有用なのですが、

 

夏場などの紫外線が強い時期に

 

日差しを皮膚に受ける事は

 

「肌にダメージが入り、加齢が促進される」

 

こういったことに繋がります。

 

まあ、夏場とか関係なく日差しが強い時でも弱い時でも

 

紫外線は降り注いでいるのですが、日差しの強弱で

 

自分の肌にダメージが入ることには変わりません。

 

日本ではオシャレで着けているという認識だと思いますが、

 

元々色素が薄い、日差しに耐性がない人たちが

 

紫外線から目元を守る為に利用していた事から

 

周囲に広まっていったとされています。

 

特に「紫外線対策国一位」とされているオーストラリアでは

 

サングラスは生活に必要な日用品となっていて、

 

通勤通学に欠かせないものとされているそうです。

 

■何故、日本人はサングラスを着けていないのか?

 

ネットで探すと色々と意見が出てきますが、

 

私個人の感想としては

 

「ヤクザとか着けてそう」「怖い人が着けてるもの」

 

「芸能人とかだったらカッコいい、綺麗な人なら似合う」

 

そういった事を思ってました。

 

つまりは

 

「外見、周囲の反応を気にして着けていなかった」

 

そういうことです。

 

これは「個性」より「協調性」を重視している日本人的な特徴で

 

「自分から発言する事は恥ずかしい」

 

「目立ちたく無い」

 

「一人だけ特別扱いされてずるい」

 

個人が「目立とうとする事=恥ずかしい事」

 

そういった考えで育ってきたことにあるのでは無いか?

 

と、思ったり思わなかったり…

 

 

■日本でのサングラスの普及度

 

SNSサービス広まってから有名人がかけている姿を

 

instagram」、「Facebook」といったもので気軽に見れる様になり、

 

日本でも真似してオシャレでサングラスを着ける人が増えてきたと思います。

 

ただ、それでも

 

「サングラスはオシャレな人が着けるもの」

 

「怖い人が着けているもの」

 

そういった印象がある事に変わりはありません。

 

ですが、今のサングラスは冒頭でも書いた通り

 

様々なオプションを着ける事で

 

「オシャレだけでなく、実用性もある便利なモノ」

 

である事に間違いは無いです!

 

これまでの

 

「無くてもあっても別に…」という気持ちが

 

「無いよりはあったほうが便利かも」

 

私がそう思ったポイントを紹介していきます。

 

■オススメする2つの性能

 

どちらの性能も加工する必要があり、特に私がオススメするのは

 

ブルーライトカットコート」

 

「偏光レンズ加工」

 

この2つを順番に説明していきます。

 

 

ブルーライトカットコート

 

ブルーライト」とは、紫外線と似たようなもので

 

長時間浴びると目に悪影響が出る光の事です。

 

この加工は、

 

レンズにブルーライトをカットする膜をコーティングするで

 

ブルーライトを目に入らないようにします。

 

どんなものから出てる光かと言うと

 

一般的に、いろんな人が良く使う「スマホ

 

仕事の業務で使用する「パソコン」の液晶から出ています。

 

スマホを良く使う方、パソコン作業を長時間される方にオススメです!

 

 

 

・偏光レンズ加工

 

どんな処理かと言うと、

 

レンズに偏光膜を使う事で乱反射した光から目を守る事です。

 

簡単に言うなら、

 

日差しが強くても周りが見やすくなる」ようになります。

 

夏場の早朝や昼時は特に眩しい時間帯ですよね?

 

そういった時にこの処理をしたサングラスを着けてると、

 

反射した光から目を守るだけでなく

 

「眩しくて周りが見えない」

 

といった視界が悪くなるといった事も改善されます。

 

スポーツショップやメガネショップに行けば、

 

既製品として「偏光サングラス」が売っているので

 

手っ取り早く欲しいといった方はそちらの方で買う事もできます。

 

早朝ランニングや外出を頻繁にする方にオススメです!

 

■実際に作ってみた感想として

 

一度気になって「ブランドもので1個欲しいな」と買いにいったことがあります。

 

気に入ったフレーム(レンズ以外の細い部分)があったので

 

一番時間がかかったのはレンズの加工をどうするかでした。

 

レンズを丈夫にする加工など、ミラー処理といった光を反射する処理など

 

色々あったのですが、私はパソコン作業を良くするので「ブルーライトカット」

 

だけをオプションで着けました。

 

幸い、時間がかかる加工ではなかったので約1時間くらいで終わったと思います。

 

ですが、オプションの数次第では、数日から数週間かかるものもありました。

 

しっかり長く付き合っていくならそれぐらいするのがいいかもしれませんね?

 

まとめ

 

ここまで紹介しましたが、実際に使ってみないことには感想なんてわかりません。

 

実用的なもので2つ加工の種類を挙げましたが、調べるともっとあります。

 

興味がお有りの方、一度使ってみてはいかがでしょうか?

 

 

安く作りたい方はこちらのサイトがオススメです。

www.jins.com

 

こだわったもの、ブランドものをお求めの方はこちらがオススメです

では、今回はここで終わりにします

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。

 

それでは