まろやん blog

最新サービスについて書いたり、職場あるあるな悩みについて書いてます。

《27》【職場の人間関係】一度俯瞰して見てみましょう!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんにちは、まろやんです

 

新生活シーズンも始まり、新しい環境になれず四苦八苦されてる方が多いと思います。

 

仕事になれない、通勤になれない

 

でも、一番の悩みって人間関係だと思うんですよね

 

f:id:mayoibito_0315:20190421045647j:plain

人間関係で多い悩みって何だろう?

パッと思いつくだけでも

 

・性格が合わない

・考え方が違う

・単純に苦手

 

簡単なものだとこれだけかな?

 

でも、細かく拾って行ったら膨大な数の悩みが眠っていると思います。

 

どこに行っても付いて回る悩みですが、

 

私の結論としては

 

「一度俯瞰して周囲を見る」

 

これをするかしないかでその後の自分のあり方が変わります。

 

仕事のミスなどであれば責められてもしょうがないかな…とは思いますが、

 

何の理由もなく、嫌われたり変なちょっかいを出されたりすることもあるでしょう。

 

その度に「自分が何かしたのか?」「知らないうちに迷惑かけていたのか?」

 

色々考えますが、どれも正しい答えではありません。

 

なので、そんな状況になったときは一度状況を分析する為に俯瞰して見ましょう!

 

「俯瞰」とは?

 

簡単にいえば「高いところから見下ろしてその景色を眺めること」です。

 

人間関係で俯瞰することの意味は、

 

そもそも何で自分がそんな状況に置かれているのかの情報を収集する為です。

 

人間関係において俯瞰する際の2つのポイント

①自分の立ち位置

②周りの人間の性格

 

 

 

「立ち位置」とは歴の長さ

「自分の立ち位置」とは、その環境に身をおいてからどれだけたったのか。

 

社会人であれば、その会社に入って何年目なのか、

 

歴の長さで判断されている時があるからです。

 

「周囲の人間性」は侮れない

自分がどれだけ頑張っていても、

 

それを評価するのは、見ている周囲の人たちです。

 

ここで気をつけてほしいタイプの人は

 

「小さい失敗に対して過剰に反応する人」

 

何かある度に失敗したことをネチネチ言ってくるので

 

精神的にも参ってしまうし、

 

何より「失敗したのは自分」と言う考えに持って行ってしまいがちになるからです。

 

 

全体を見ることで

 

自分に非があるのかどうかがわかります。

 

人間、はっきりしなかったり不安だからこそ悩むしストレスを抱えます。

 

人間関係においての悩みはお互いを信用しきれていないだけでなく、

 

相手が本当のことを言っているのか判断つかないから納得しきれない。

 

一度、俯瞰して情報を集めることで

「起こった出来事の結果」

「気にしてる人の性格」

などが確実に判断できる材料が集まってきます。

 

 

その判断材料を元に自問自答して整理してみましょう

Q「ずっとネチネチ言ってくる」

A「しつこい性格の人だからな」

 

Q「冷たく当たられる」

A「性格or失敗しても予防案言ってなかったからかな」

 

などなど、色々悩みに自分で答えを出せます。

 

 

 

まとめ

人間関係の悩みなんて正しい答えなんかないので、

 

いかに自分を納得させられるのかが重要になってきます。

 

周囲を観察、情報を集め、どれだけ納得できる理由を思いつくか。

 

そしてそれに対してどう行動できるか。

 

そこさえ気をつければ少しは人付き合いに対して、

 

前向きになれるのではないでしょうか?