まろやん blog

最新サービスについて書いたり、職場あるあるな悩みについて書いてます。

【ToDoリスト】やることを管理できるようになろう!

こんにちは、まろやんです。

 

新社会人になった人たちは研修も終わり、

 

既に実践投入されている頃ではないでしょうか?

 

仕事は覚えて行くにつれ、出来ることが少しずつ増えていきます。

 

徐々にやることが多くなると、

 

「何から手をつければいいのか分からない」

 

そう思うようになってきます。

 

そしたら「ToDoリスト」を作りましょう!

 

やることが多くなった時にとても便利です。

 

f:id:mayoibito_0315:20190501052140j:plain



■ToDoリストって何?

 

「重要度」と「締め切り」の2つを元にして、

やる順番を決めて行くリストのことです。

 

仕事をする時に、

①すぐにやらないといけないこと

②いつまでに終わらせればいいのか

 

この2つに着目して仕事を振り分けることで、

 

期間が長いものは後回しにしてすぐ出来るものを片付けたり、

 

重要度が高いものを効率的に進めることが出来るようになります。

 

ただ、それで達成出来るかどうかはまた別の話になるのでそこは注意しましょう。

 

ToDoリストを作る時は簡単に達成できるものをメインで組みましょう。

 

難しいことをするときはToDoリストとは並行して別の計画表を作ると、

 

更に予定が立てやすくなります。

 

 

■やること➕結果どうなったか

 

「やること」だけ書くのではなく、その結果どうなったかまで書きましょう。

 

人と会う予定を立てていたのなら

①Aさんと会う

②仕事の内容について話す

 

これに追加で

③次は〜月〜日に会う予定

④自分の興味がある分野の話をもっと詳しく話す予定

 

など、次に活かすことが出来るからです。

 

予定を立てるだけだと、

 

それが予定通りに進まなかったら

 

「期日までにできなかった」

 

ただ達成できなかったではもったいないとは思いませんか?

 

せっかくやることを整理して何から進めていくのか考えて作ったリストです。

 

作ったからにはちゃんと何かに活かせるような使い方をしましょう。

 

作り方を丁寧に説明してるサイトがあったので紹介します。

www.minden.jp

■まとめ

 

ToDoリストの使い方として

 

・やることの優先度を決める

 

・簡単に達成できることをリスト化する

 

・「やった結果どうなるか」まで書くと後々便利

 

予定は立てたあとが重要になります。

 

結果どうなったか、そして次どう活かすかがポイントになってきます。

 

リストの予定通りにいかなかったとしても、

 

それを達成する為に何をしないといけないのか?

 

どうしたら解決できるのか?

 

など考えることができるようになることが大切です。

 

ToDoリストはあくまで「ツール」でしかありません。

 

それを活かすのはあなた次第です。