まろやん blog

最新サービスについて書いたり、職場あるあるな悩みについて書いてます。

【前向きに生きるために】マイナス思考のあなたへ

こんにちは、まろやんです

 

今回は「マイナス思考」であきらめグセがついてる方に

 

少しでも前向きに人生歩んでいけるように

 

自分が実践していることを紹介していけたらと思います。

 

f:id:mayoibito_0315:20190504051459j:plain

【目次】

 

①「他人と自分の線引きをする」

 

②「ネガティブな発言を止める」

 

③「自分がそこにいる理由を思い出す」

 

④「他人の言うことは参考程度に考える」

 

⑤「まとめ」

 

 

 

■①まずは自分と他人の線引きをしっかり引くこと

「空気を読め」

「協調性がない」

 

聞いたことありませんか?

 

学校でも社会に出ても集団の中で生活していれば聞く言葉です。

 

集団の中にいれば、いやでも周囲に気を使う考えに変わっていきます。

 

中には変わらない人もいます。

 

「自分は自分、他人は他人」

 

自分と他人の線引きがしっかりできている人です。

 

■線引きが必要な理由

 

自分のメリットを考えて行動できるようになるのが目的です。

 

他人を優先する思考から抜け出すには、

 

まずは自分のことを中心に考えられるようになりましょう。

 

自己中になれ、と言ってる訳ではありませんよ?

 

自分のことも考えつつ、人のことも配慮できるようになりましょう。

 

■②ネガティブなことを言わないようにする

失敗したときや疲れ切っているときに

 

「疲れた」

「やっぱりできなかった」

 

言ったことはありませんか?

 

普段から失敗の多い人は口に出す回数も多いはずです。

 

口に出しただけで

 

「自分はだめだ、何をやっても失敗するんだ」

 

と、自己暗示をかけてしまいます。

 

ポジティブなことを言ってれば常にうまくいく訳ではありませんが、

 

ネガティブな発言はあなたの挑戦意欲を失う原因になるからです。

 

・どうせ失敗するから挑戦なんてしない

・どうせうまくいかないからやりたくない

 

最初から失敗する前提で考えているので、

 

新しいことをしようとしなくなります。

 

その結果、自分がどんな状況になっても受け入れ、

 

抜け出すことをあきらめてしまいます。

 

■③自分が何の為にそこにいるのか考える

 

学校では勉強する、会社ならお金を稼ぐ、

理由なんて探そうと思えばいくらでも出てきます。

 

精神的に疲れると「自分が何でここにいるのか?」

という理由すら考えられなくなります。

 

自分のことを考えられなくなると、

辛い環境にいてもそこから抜け出せなくなります。

 

思考が鈍っているときは相手の言うことよりも

まず自分がこれからどうしたいか考えるようにしましょう。

 

「高給目的だったなら別の職を探す」

「スキル目的なら別の手段で身につけられるようにする」

 

元々の目的さえはっきりできれば、

後は状況次第で行動するだけです。

 

■④人の言うことは参考にする程度に考える

 

自分より上の立場の人から言われたことって無意識のうちに

「正しいこと」と認識してしまっているときあると思います。

 

普通に仕事していれば、そのうち自分で仕事のやり方を覚えて

自分なりの考えを持てるようになります。

 

しかし、理不尽なことを言う人がいる職場では

その人に都合のいいような動きを強制されるようになり、

 

「その人の言うことは絶対」

 

と、自分で考えるよりその人の言うことで動くことが癖になってしまいます。

 

日頃から自分でも考える癖をつけていると、

 

他人の言ったことを自分の中で整理できるようになるので、

 

他人の言うことは参考にする程度に考えるのが良いです。

 

■⑤まとめ

自分のことを考えられなくなって動けなくなるのが

マイナス思考の恐いところです。

 

自分がストレスで体調を崩したときは

一度自分を振り返って見てください。

 

あなたは自分のこと大事にできてますか?

 

困ったときは誰かに相談したり、

一度その環境をリセットするのも手段の1つです。

 

自分の人生一度切りなので、

「もうダメだ」と思ったら新しい道を探しましょう。